新着情報・インフォメーション

野菜ハウスのビニール展張作業を実施

令和3年5月19日、野菜コースのハウスにおいてビニール展張作業を行いました。
作業を効率的に行えるよう学生の間で役割を分担し、サイドビニール設置班、天井ビニール展張班、妻面作業班、マイカー線作成・設置班とそれぞれに分かれて実施しました。
作業は、まず、ビニール展張作業の全体の流れを確認し、次いで担当班ごとの作業内容を確認しながら現場で実践したもので、約1時間半で完了しました。
このハウスでは、スイカ(大玉、小玉)を栽培して、7月中旬に出荷する予定です。
野菜コースでは、パイプハウスのビニール展張作業の機会が少なく、今回の作業は学生にとって貴重な経験となりました。
また、2年生はこれまでの経験を活かして、1年生へ作業のやり方を指導をしたり、1年生は、慣れない作業ながらも集中して取り組むことができるなど、充実した実習になったようです。
1年生からは、「ハウスバンドを引っ張って固定するコツを先輩がわかりやすく教えてくれて、しっかり固定することができた。」「ハウスのビニールのはり方の大まかな流れがわかった」などの声がありました。
農業大学校は、栽培技術だけではなく、専攻実習を通して様々なことが学べるように努めています。

<お知らせ一覧へ戻る
ページトップへ